電気通信主任技術者試験の受験記

2005年7月

(資格取得の目的)
目的なんてないんです。資格を使うことなんてありそうもない。興味本位の受験です。
1陸技の試験を受けたら、試験といういうものが楽しかった。久しぶりに頭を使ったような気がしたのです。それに、1陸技があると科目免除があるという。じゃ、工事担任者と電気通信主任技術者を受けようか。

(試験の経過)

2004年 9月 伝送交換

1陸技で2科目免除になるので、伝送交換を受けることにしました。申請時には免許が取れていなかったのですが、受験時には取得済み。専門とシステムは1陸技の資格で免除になるので、午後の試験は放棄しました。

科目
得点
 法規
42 不合格
 設備
66 合格
 専門(無線)
棄権 1陸技
 システム
棄権 1陸技

全く勉強していかなかったので、設備が合格したのはめっけもの。法規の得点の低さはちょっとショックでした。でも、法規の設問は気に入らないぞぉ。重箱の隅ばかりつつきおって。


2005年 2月 線路

線路の法規を受け直そうかと思ったのですが、どうせだから他の科目も受けようと、線路を受けることにしました。いろいろ受ける方が楽しそうなんだもの。

科目
得点
 法規
34 不合格
 設備
67 合格
 専門(通信線路)
75 合格
 システム
免除 1陸技

今回は法規だけでも通したいというのが目標でした。1か月前に勉強をはじめたものの、その直後にインフルエンザにかかって気持ちが萎えました。
法規は前回よりも点数が下がったので、大ショック。不合格は仕方ないと思いますけど。
過去問も見ずに行ったので、設備と専門が通ったのはとても不思議。電線会社にいるといつの間にか聞きかじりの知識がついたようです。つまり、門前の小僧効果です。


2005年 7月 伝送交換

過去2回の試験で、法規以外の科目は全部通ってしまいました。法規さえ通れば、伝送交換も線路も合格です。
今回は、勉強しました。出張に行ったときの電車の中とか。問題集を3回くらい通して勉強しました。のべ20時間くらいでしょうか。(ふつうはもっと勉強する?)
手応えはありましたよ。今までは、でたらめに答えるだけだったのに、自信を持って答えたものがありましたもの。

科目
得点
 法規
60 合格


回答が発表になり、自己採点をしながら、ニンマリ。マルが多いと思いました。でも、点数を計算しはじめたら、油汗。60点。何回数えても60点。いや、ぎりぎりです。
工事担任者デジ1もそうでしたが、赤点ぎりぎりの合格というのはあまり気持ちのいいものではありません。マークミスが1個でもあったら不合格ですからね。
電気通信主任技術者を1年がかりでとりましたが、きっと役に立つことはないんでしょうね。この間、会社の工事応札の書類に加えると言っていたから、書類の肥やしくらいにはなるのかな?役に立たないことに代わりはないけど。

「この資格が役に立つことはない」と思っていたのですが、2012年に通信事業会社に入社し、主任技術者になってしまいました。。

(おまけ)

2005年 5月 工事担任者

科目
得点
デジタル1種
 法規
60 合格
 技術
60 合格
 基礎
免除 1陸技
アナ・デジ総合種
 法規
44 不合格
 技術
54 不合格
 基礎
免除 1陸技

総合種の技術は60点までもうちょっとなので惜しかった。でも、世の中、それほど甘くないと言うことですね。
アナログ端末をいじることはなさそうなので、工事担任者もこれで打ち止めでしょう。