日本アマチュア無線連盟の機関誌 JARL NEWS の2014年秋号に私の書いた記事が掲載されました。
記事の執筆にあたって、多くの方々のお力添えをいただきました。
   フジクラの皆様    JR1EHL、ex. JG1RXQ、丹羽さん、渡部さん、佐々木さん
   情報・話題の提供  JA4BUA、JF3DRI
   JARLの担当の方々

JARLから依頼を受けたのは、5月でした。Facebookのメッセージが届き、、
  中川さん、同軸は詳しいですか?
  専門ではありませんが門前の小僧でしたから、少しは知っています
というやり取りをしたのですが、その1週間後に原稿の依頼をいただきました。

依頼をいただくのはうれしいことですが、ただちょっと引っ掛かりがありました。
門前の小僧であったのは2年前までのことで、すでに電線メーカーのフジクラを退職してから2年が過ぎていました。
在職中ならともかく退職後に電線の記事を書くのことには、やや躊躇がありました。。。
しかし、冷静に考えれば、私が書くべきであろうと意を固めたのです。
「他にいない」というのは、技術が優れているとかではなく、単純に以下の条件を満たす人はいないという理由です。
  ・アマチュア向けの同軸ケーブルではフジクラがトップブランドであるので、、フジクラ在職中あるいは経験者で
   あるべきであろう。
   +フジクラの開発者、営業技術担当と面識があり、それなりの信頼関係がある
   +門前の小僧でもよいので基礎知識を持ち、フジクラの関係者に無用の負担をかけない
   +間違ったことを書かない(という意識を持っている)
  ・現役のアマチュアとして無線をしていること、JARL会員であること
   +JARL NEWSの記事である以上、暗黙のうちに要求されているはず
  ・アマチュアだけでなく、プロの無線の世界の経験もあること

これらのことから、「フジクラの関係者の協力が得られること」を条件に、JARLに前向きのお返事をしました。
そして、フジクラから快諾をいただいたことで、記事執筆のプロジェクトがスタートしました。

執筆に際して、関係する方々からたくさんのアイディアをいただきました。それによって私の実力を越えたものに
仕上がったと思います。足りない点があるのは、私の力不足によるものです。
私にとっては、フジクラに在籍したという記念碑的なものになりました。
ご支援いただいた皆様に、もう一度感謝申し上げます。

JARL会員の皆様はJARLホームページから2014年秋号をご覧ください。
そうでない方は…こちらをどうぞ