私の設備

栃木シャック(真岡市)

 トランシーバ: 
 ICOM IC-756PRO3
 Yaesu FT-726
 JRC   JST-245

アンプ:
 Henry Tempo 2006A ( 3CX800A7 ) 500W出力(固定局)
 nag-50XL ( 6146B ×2 ) 50W出力(移動局)

アンテナ: クリエート CL6DXZ (8エレ八木) 20m高

SDR:
 QS-1RをおもにCW Skimmerで使っています。
 思った以上に、SDRはよくできています。コンテスト中に使うと、ノイズに近いような信号までデコードしてPCに表示してくれます。
 定量的な比較をしてみましたが、C50では交信局数を増やす効果はなさそうです。でも、便利。

プリアンプ:
2012年のALL JAコンテストの直前に川越無線のプリアンプを購入しました。メインリグにはゲインがありすぎるのですが、QS-1Rは高周波増幅段を持たないため、このくらいのゲインが必要のようです。
 

50MHz用アンテナ

君津シャック: 

JG1ZUY(マツモトキヨシ教授のコンテストシャック)で免許をおろしました。
HFは1kW、50MHzは500Wです。

トランシーバ: IC-756PRO3
リニアアンプ: IC-PW1、  3CX800A7 x2
アンテナ:   7エレ八木(クリエートデザインCL6DXX)、5エレ八木(クリエートデザインCL6A)

CGB Vol..20  C50 コンテスト設備の紹介